読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

***178***







こんばんわ✨



今日も一日頑張ってきましたよ~\(^^)/







早速ですが…




朝みなさんにお話しようと思ってたこと



話してもいいですか(´・ω・`)





仕事とは関係ない話です☆








えーっと、まだ自分でも

頭の中が整理できていなくて

うまく文章にできないのですが(>_<)










先週の土曜日の話です。





久しぶりに男友達から連絡がありました





その友達と最後に会ったのは


成人式のときです。





連絡先は知っていましたが


お互い仕事も忙しかったので


滅多に連絡をすることはなく




なので、本当に久しぶりでした。





高校からの付き合いです






その日の夜、旦那と子供が寝たあとに


電話をしました。






久しぶりだったけど


すぐに会話が弾みました





その友達は、高校卒業後から


今もずっと東京に住んでいます。





思い出話もしつつ


あっという間に長電話。






そして、こんな会話になりました








「てか、かなこ結婚したのー?」




「したよー!子供もいるよ」




「まじか!めっちゃ初耳なんだけど」




「そいえば言ってなかったねー」




「言えよ!」




「ごめんごめん♪」





「あーーーーーー」





「ん?どしたん」





「いや、べつに」




「は?なにやー」






「えーーーーー」




「なに!笑」




「俺な、そろそろ地元に戻ろっかなー

って考えてたんだけど」




「おっ、まじで。いいんじゃない♪」




「でもやめよっかなー」




「なんでや。戻ってきたらいーじゃーん」




「だって、戻ったところで

かなこと会えなくね?」




「べつに会えるじゃん。謎なんだけど(笑)」






しばらく無言が続き








「ちょっとー寝ちゃったー?」



「起きてる」



「応答しなさい。てかまじで何?どした?」




「今から俺が言うことは

聞き流していいからな」




「なにそれ。いいよー何ー?」





「俺、そっち戻ったら

かなこと会うつもりしてた。」





「うん」





「うん」





「それだけかーい」





「てか、かなこと付き合う予定だったし。

なに知らない間に結婚しちゃってんの」





「どゆこと?べつに普通に遊ぶくらいなら


できるじゃんか♪」




「いや、無理だろ。」




「会うくらいできるでしょーが!」




「会うだけで済まねーわ!」




「はい?さっきから何言ってるか

さっぱりわかんないー」




「鈍感かよ」




「知らない」




「もういいや」




「なんでご機嫌ななめなのー」




「もう少し気づけよ」




「え、めっちゃ自意識過剰なこと言うけど

もしかして好きとか?笑」




「てか俺、東京に行く前も

さりげなく伝えたつもりだったけど

めっちゃ話そらされたし。

てか、高校のときもだわ」





「…ごめん。まじで気づかなかった」




「だろうね。まず、結婚おめでとう。

子供何歳なのー?」










ここからはまた、


普通の会話に戻りました。









これって私が悪いのでしょうか…?






私の中では、仲が良い

男友達のひとりで

朝まで一緒に遊んでたこともあるけど

恋愛感情とかそういうのはなくて。





前に、酔った勢いで

抱きつかれたことはあったけど


そのときは他の友達もいたし


ただのそういうノリだと思って


ふざけて軽くビンタしたような。





本当にそんな感じの仲だったんです


みんなでわいわいわいわい


って感じの。伝わりますかね








なんか私…


傷つけちゃったのかなあ(´・ω・`)




私から連絡することはないけど


たぶんもう連絡こないのかな。





てか鈍感ではないと思うんだけど



もうよくわかりません(´・ω・`)








なんかもやもやするけど


だからといってこれから先


何かあるわけでもないので。




たぶん地元に戻るのもやめただろーし









うーん





男心って難しいですね。









まあこんな事があったわけです









長々とわかりづらいこと書いちゃって


すみませんでした(>_<)